井岡 BCリーグで始球式 元阪神・西岡を三ゴロに「刺激をもらう存在」

[ 2019年6月30日 05:30 ]

ルートインBCリーグ栃木の西岡剛(左)に紹介され、ファンにあいさつするWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔
Photo By スポニチ

 日本人男子初の4階級制覇を達成したWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(30=Reason大貴)が29日、栃木・小山運動公園野球場で行われたルートインBCリーグの栃木―群馬戦で始球式を行い、親交の深い西岡剛内野手(34)を三ゴロに打ち取った。

 西岡が阪神に移籍した13年ごろからつき合いが始まり、尊敬し合う仲。井岡にとって西岡は「お兄ちゃんみたいで、背中を見て刺激をもらう存在」という。試合後にはナインと記念撮影し、ファンとのハイタッチ会にも参加して祝福と声援を受けた井岡は「温かく迎えてもらってうれしかった」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月30日のニュース