那須川VS亀田氏、3Rで勝敗つかず 亀田氏1000万円獲得ならず、那須川が優勢な展開に

[ 2019年6月22日 23:38 ]

第3Rに亀田氏にボディーブローを当てる那須川(C)AbemaTV
Photo By スポニチ

 22日に都内で「AbemaTV3周年記念1000万円シリーズスペシャルマッチ」としてキックボクシングの那須川天心(20=TARGET/Cygames)と、ボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏(32)がAbemaTV特別ボクシングルールで対戦。3Rで勝敗つかず、亀田氏は那須川を倒すことが出来れば1000万円獲得だったが、実現出来なかった。

 両者は12オンスのグローブ着用・ヘッドギア着用の3分3Rルールでの対戦となった。第1Rは那須川が右のジャブから試合を組み立て亀田氏のテンプルへ強烈なパンチを当てた。第2Rも那須川が速いジャブからリズムに乗りボディーブローを当て、連打で亀田氏を追い込む場面もあり優勢に進めた。第3Rは両者の合意上でヘッドギアを外して対戦となった。亀田氏も右フックで有効打を当てる場面もあったが、那須川もスピードあるパンチで相手をぐらつかせる場面も見せたが、両者とも倒れることなく終了のゴングが鳴った。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月22日のニュース