尚弥 WBSS決勝は日本開催希望も…「今から探しても全然ない」海外が有力

[ 2019年5月21日 05:30 ]

WBSS準決勝で、ロドリゲスに左フックを見舞う井上尚弥(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝へ進出したWBA&IBF王者・井上尚弥(26=大橋)の師、大橋秀行会長(54)が20日に帰国し、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)との対決を歓迎した。

 決勝は現時点で海外開催が有力だ。井上は国内を希望しているが、WBSSの舞台装置を設置できる会場は「今から探しても全然ない」と興行関係者が明かした。運営資金が必要なWBSSは決勝の興行権を高額に設定しており、候補地には米国や、サウジアラビアなど中東も挙げられている。井上は17年の米国に続いて今回は英国での試合も経験。大橋会長は「海外でも問題ない」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年5月21日のニュース