黒田雅之 王者ムザラネに風格感じた「安心して思い切り殴れます」

[ 2019年5月11日 15:10 ]

健診を終えた黒田(右)とムザラネ。身長差は8センチ(撮影・中出健太郎)
Photo By スポニチ

 ボクシングのIBF世界フライ級タイトルマッチ12回戦(13日、後楽園ホール)の予備検診が11日、東京・文京区の日本ボクシングコミッションで行われ、王者モルティ・ムザラネ(36=南アフリカ)、挑戦者で同級4位の黒田雅之(32=川崎新田)ともに異常なしと診断された。

 ムラザネと対面した印象を問われた黒田は「前々から思っていたことだけど、優しそうな目をしている。映像で見た感じと同じ」と答え、「チャンピオンというのは人間的にも優れている。ムザラネには風格も感じたし、安心して思い切り殴れます」とキッパリ。

 体格的には身長で8センチ、リーチは1.5センチ上回ったが、「僕自身、この階級では背が高い方だし、いつも通りですね」と気にしていない様子。決戦を2日後に控えても緊張感はなく、新田会長がムザラネが公開練習で左構えをみせたことから「サウスポー対策も十分だし」とジョークを飛ばすと、黒田は「キックの練習もやってきたので大丈夫です」と続けた。

 自身は6年前の世界初挑戦時と比べ、身長が0.5センチ伸び、胸囲は3センチ減。視力は左右ともに1.5で変わらず、「6年間やってきて視力が落ちていないのは良かった。胸囲がしぼんだのはオジサンになったから。背は伸びていたので、引退するまでに180ぐらいになっていたらうれしい」と笑わせながら、「6年前よりフィジカルは落ちていない。むしろ上がっていると思う」と自信を漂わせた。

 12日には調印式、前日計量が行われる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年5月11日のニュース