松永、TKOで令和初の新王者!「このベルトは絶対に獲りたかった」

[ 2019年5月11日 05:30 ]

日本スーパーウエルター級タイトルマッチ   〇(同級1位)松永宏信<6回終了TKO>(王者)新藤寛之● ( 2019年5月10日    東京・後楽園ホール )

日本Sウエルター級新王者となった松永(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 今季チャンピオンカーニバル最終戦で「令和」の新王者1号が誕生した。執拗(しつよう)なボディー攻撃で何度もロープ際に追い詰め、最後は王者陣営の棄権申し入れでTKO勝ち。松永は「令和1号は全く考えていなかった」と照れた。

 16年10月にWBOアジア・パシフィック王者を獲得したが、自身の故障のため返上。「このベルトは絶対に獲りたかった。アジアは一度も防衛していないので最低でも2、3回は防衛したい」と誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年5月11日のニュース