期待のホープ桑原 強烈な左ボディー一発!3回TKO勝ちでデビューから4連勝

[ 2019年4月8日 21:30 ]

TKO勝ちの桑原拓(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 プロボクシングの第67回フェニックスバトルは8日、東京・後楽園ホールで行われ、期待のホープ桑原拓(大橋)が50キロ契約8回戦でアプリリャント・ルマーパサル(インドネシア)に3回TKO勝ち。デビューから4連勝を飾った。

 抜群のスピードで序盤から圧倒。ガードを固めるルマーパサルから2回終了間際に最初のダウンを奪うと、3回に強烈な左ボディー一発で沈めた。「自分的にはしょっぱい試合。守りに徹する相手を倒す難しさを感じました」と反省しつつ、「練習してきた左ボディーで倒せたのは良かった」と笑った。

 昨年12月の木山戦で連続KOは途切れたが、初めて8ラウンドを戦い、技術力の高さを見せつけて3―0の判定勝ち。WBA世界バンタム級王者・井上尚弥を筆頭に有力選手がそろう大橋ジムで頭角を現しつつある。次戦にも日本ランカーへの挑戦を視野に入れる桑原は「駆け出しのペーペーだけど、少しでも名前を覚えてもらえるようにインパクトのある試合をしたい」と誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年4月8日のニュース