国際ボクシング協会 会長代行にムスタサン氏推薦

[ 2019年3月28日 05:30 ]

 20年東京五輪の実施競技から除外の危機にある国際ボクシング協会(AIBA)は26日までに、米財務省から麻薬売買に関わる犯罪者と指摘されるラヒモフ会長(ウズベキスタン)が退任し、代行としてムスタサン副会長(モロッコ)を推薦したと発表した。メールによる投票で近日中に任命する。

 AIBAの組織運営を問題視するIOCは東京五輪の準備を凍結しており、調査委員会による検証を経て6月の総会で実施の可否を判断する。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年3月28日のニュース