パッキャオ 次の対戦相手をファンに問う 得票数トップはメイウェザー

[ 2019年3月25日 17:10 ]

マニー・パッキャオ (AP)
Photo By AP

 プロボクシングのWBA世界ウエルター級王者マニー・パッキャオ(40=フィリピン)が23日、自身のツイッターで「自分は次に誰と戦うべきか」という投票をファンに募った。

 投票は4択で、候補者はすべて米国人ボクサー。フロイド・メイウェザー(42)、キース・サーマン(30)、ダニー・ガルシア(31)、そしてショーン・ポーター(31)の中で、トップの73%の票を集めたのはメイウェザーだった。

 総得票数は8万448で、サーマンは13%、ガルシアは9%、そしてポーターは5%という結果。対戦の機運が高まっていたIBF世界ウエルター級王者エロール・スペンス(29=米国)は候補者から外されていた。

 パッキャオはメイウェザーと2015年に対戦して判定負け。アンケートは再戦を望む結果となったが、メイウェザーは半引退状態で、リングには上がるものの、対戦する相手が格闘家やキックボクサーであるため、現時点でパッキャオと再戦するだけの実力があるのか疑問なところだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年3月25日のニュース