井上尚弥 70秒殺が「KO・オブ・ジ・イヤー」に 米専門誌が選出

[ 2018年12月29日 17:00 ]

井上尚弥
Photo By スポニチ

 世界で最も権威がある米ボクシング専門誌リング・マガジンは28日、今年の「KO・オブ・ジ・イヤー」に井上尚弥(大橋)がフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を70秒で仕留めたWBA世界バンタム級タイトルマッチ(10月7日、横浜アリーナ)を選出した。ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメントの開幕戦で注目された一戦は、WBA王座の初防衛戦だった王者・井上がワンツーだけでパヤノを仰向けにして1回1分10秒KO勝ちしていた。

 また、最優秀選手にはWBSSクルーザー級トーナメントで4団体王座を統一したアレクサンドル・ウシク(ウクライナ)、年間最高試合はサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)がゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に再戦でプロ初黒星をつけたWBAスーパー&WBC世界ミドル級タイトルマッチ(9月15日、米ラスベガス)が選ばれた。

 「アップセット(番狂わせ)・オブ・ジ・イヤー」には、デビューから15試合連続KO勝ち中だった比嘉大吾(白井・具志堅)が前日計量での体重超過で王座を剥奪された上に、クリストファー・ロサレス(ニカラグア)に9回TKO負けしたWBC世界フライ級タイトルマッチ(4月15日、横浜アリーナ)が選出された。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年12月29日のニュース