京口の相手・ブドラー 体重すでにリミット以下に「お客さん楽しませる試合がしたい」

[ 2018年12月28日 23:19 ]

トリプル世界戦 ( 2018年12月31日    中国・マカオ )

大みそかに日本勢と対戦する3人が、公開練習した(左から)ムザラネ、ニエテス、ブドラー
Photo By スポニチ

 2階級制覇を狙う京口紘人(24=ワタナベ)の相手、WBA世界ライトフライ級スーパー王者のヘッキー・ブドラー(30=南アフリカ)が28日、中国・マカオで練習を公開。体重がリミットの48・9キロ以下になっていることを明かした。

 「普段から51キロくらい」と、ほとんど減量の必要がないという。。そのため、階級を上げる可能性には「もうちょっと体重を増やすことができたらね」と“贅沢”な悩みも口にした。ミット打ちでも動きは軽快だった。

 京口にとってブドラーは、同門の田口良一からベルトを奪った相手。それでも京口は、これまでに何度も「敵討ちということにこだわる気持ちより、2階級がかかった試合」と大みそかの一戦を位置づけている。それに歩調を合わせるように、この日のブドラーも「同じジムというのは理解できるが、(それよりも)お客さんが楽しませる試合がしたい」とファン第一主義を強調した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年12月28日のニュース