井上岳志 来年1月に王者ムンギアに挑戦!「ちゃんと覚悟を積み上げてこれた」

[ 2018年12月5日 14:19 ]

WBOスーパーウェルター級に挑戦する井上(撮影・大塚 徹)  
Photo By スポニチ

 ボクシングの東洋太平洋&WBOアジア・パシフィック・スーパーウエルター級王者でWBO同級3位の井上岳志(29=ワールドスポーツ)が5日、東京・文京区の後楽園飯店で会見し、来年1月26日(日本時間27日)にWBO世界スーパウエルター級王者ハイメ・ムンギア(22=メキシコ)に挑戦すると発表した。会場は米ヒューストンに内定しているという。

 井上は2014年のデビュー戦こそ引き分けだったが、2戦目から13連勝。昨年4月に日本スーパーウエルター級王座を獲得し、同11月には東洋太平洋&WBOアジア・パシフィック同級王者となった。

 ムンギアは31戦全勝(26KO)で、今年5月にタイトル獲得。2度防衛に成功しており、今回が3度目の防衛戦となる。

 世界初挑戦の井上は「この数カ月でちゃんと覚悟を積み上げてこれた。ムンギア選手はパンチもスタミナもテクニックもある強い選手だけど、遜色ない試合はできると思う。12ラウンドやっても判定勝ちできる体に仕上がっている」と自信を見せた。

 スーパーウェルター級での世界王座獲得なら輪島功一、工藤政志 三原正、石田順裕に続き日本人5人目となる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年12月5日のニュース