佳子夫人は反対も…村田 長男は現役続行希望で苦笑い

[ 2018年12月5日 05:30 ]

プロボクシング 村田諒太が現役続行を宣言 ( 2018年12月4日 )

会見中には笑顔も見せた村田(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 村田は長男・晴道くんが現役続行を希望したことを明かした。「もう一回負けたら辞めていいから、もう一回やってとか何とか、無責任なことを」と苦笑い。

 一方で佳子夫人には反対されたそうで「やっぱり大人ですから。嫁とかオヤジはね。これ以上ダメージをためても仕方ないですし、人生長いんだからって。でも、やるって決めた以上は応援してくれるので。そこでケンカになったりしないです」と話した。

 ◆村田 諒太(むらた・りょうた)1986年(昭61)1月12日生まれ、奈良市出身の32歳。南京都高(現京都広学館高)―東洋大。11年世界選手権ミドル級銀、12年ロンドン五輪同級金メダル。13年8月プロデビュー。17年5月に世界初挑戦でエンダム(フランス)に判定負けも、10月の再戦で7回TKO勝ちしてWBA同級王座獲得。日本人五輪メダリスト初の世界王者に。プロ通算14勝(11KO)2敗。身長1メートル82、リーチ1メートル83の右ボクサーファイター。家族は佳子夫人と長男・晴道くん、長女・佳織ちゃん。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年12月5日のニュース