村田 現役続行!完敗陥落吹っ切れた「もう一度世界に」

[ 2018年12月5日 05:30 ]

シャドーボクシングで汗を流す村田(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(32=帝拳)が4日、東京・神楽坂の帝拳ジムで会見し、現役続行を発表した。10月20日(日本時間21日)に米ラスベガスで行われたV2戦でロブ・ブラント(28=米国)に判定負けして王座陥落し、去就を保留していた。再起戦の時期や相手は未定だが、日本人初のスーパーミドル級も視野に入れながら、来年の王者返り咲きを目指す。

 白いバンデージが意思表明だった。テレビカメラ8台を含め100人以上の報道陣が集まった会見。村田は普段の練習前のように両拳にバンデージを巻いて登場し、現役続行への思いを語った。

 「自分の人生を振り返った時に、あの試合が自分の集大成でいいのか?あのボクシングで終えたくないと思った。もう一度、世界の舞台に立てるボクサーになりたい」

 敗戦直後は「98%ぐらい」辞めるつもりだった。少年時代から夢だった舞台で思い描いていたパフォーマンスを発揮できなかった情けなさ、そして12ラウンドを通じてパンチを受け続けたダメージの大きさが一度は気持ちを引退に向かわせた。

 だが、帰国後に多くの人たちと会い、心境が少しずつ変化した。歯科クリニックの経営者や「ある企業の責任ある立場の人」の経験談を聞き「てめえ(自分)ばっかり凄いプレッシャーの中で生きていると思っているのは大きな勘違い」と気付かされた。他人の目を気にし、期待や重圧を背負って戦ってきたが、「自分自身が納得いくまでやればいいかな」と吹っ切れた。

 2週間ほど前に帝拳ジムの本田明彦会長に意思を伝え、この日の会見後には本格的なジムワークも再開。マッチメークについては本田会長に一任しており、ブラントとの再戦には「固執していない」と明言。「階級にもこだわりはない。体もデカくなってきてますし、上げてもいいと思ってます」と、世界王者となれば日本人初&最重量となるスーパーミドル級も視野に入れていることも明かした。敗戦も新たなチャレンジの糧にする。

 「負けて肩の荷が下りた?」と問われ、村田はこう答えた。

 「よく負けた人が“気持ちが分かる”って言うので『チャンピオン』という歌を聴いたんですけど…分からなかったですね。まだやろうって思っている僕が聴くのは早かったみたいです」

 1978年12月発売の「チャンピオン」はアリス最大のヒット曲で、敗れた王者の心境をつづった名曲だが、村田が“ただの男”に帰る日は、まだ先のようだ。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年12月5日のニュース