井岡 大みそかに4階級制覇挑戦 離婚に触れずも「いろいろあった1年。最高の形で締めくくりたい」

[ 2018年11月12日 14:34 ]

<井岡一翔会見>4階級制覇に挑む井岡(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 プロボクシングの元3階級制覇王者・井岡一翔(29=SANKYO)が12日、東京・新宿区の「フィットネスボクシングKODLAB」で会見し、12月31日にマカオでWBO世界スーパーフライ級1位のドニー・ニエテス(36=フィリピン)と王座決定戦を行うと発表した。同じく元3階級制覇王者のニエテスを相手に日本人初となる4階級制覇に挑戦する。

 井岡は「また、大みそかにタイトルマッチができることをうれしく思います。大みそかは自分の中で特別な日。僕自身も楽しみにしている」と心境を語り、「4階級制覇を達成してチャンピオンに返り咲きたい」と意気込んだ。

 昨年の大みそかに引退を発表し、今年7月に現役復帰を電撃表明。9月の米興行「SUPERFLY3」ではマクウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)に10回判定勝ちした。私生活では前日11日に歌手の谷村奈南(31)と離婚することが谷村のSNSで発表された。この日は会見はボクシングに関する質問に限定され、離婚については触れなかったが、「いろいろあった1年の最後の日に4階級制覇のかかった試合ができる。2018年を最高の形で締めくくりたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年11月12日のニュース