PR:

王者・田中恒成 田口良一との“因縁の対決”へ戦闘モード「自信ある」 4階級制覇挑戦にも言及

中央WBOの文字にダイヤモンドがはめ込まれているという特製のチャンピオンベルトを手に次戦への抱負を語ったWBO世界フライ級王者・田中恒成
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBO世界フライ級王者・田中恒成(23=畑中)が8日、愛知県名古屋市の畑中ジムで練習を再開した。初防衛戦となる次戦の相手は元WBA&IBF世界ライトフライ級王者・田口良一(31=ワタナベ)が有力。時期は来春。場所は田中の地元名古屋。今年9月の木村翔戦で世界最速タイの12戦目で3階級制覇を達成した田中が因縁の対決に向けて再び戦闘モードに入った。

 「勝つだけじゃなくて倒しにいきたいと思います」。木村戦がWBOの年間最高試合に選出され、その表彰式も兼ねたパナマでのWBO年次総会で田中はバルカルセルWBO会長に田口との対戦を直訴。同会長から「前向きに検討する」とのお墨付きをもらって帰国した。一方、日本でも畑中清詞会長(51)が田口陣営と電話などで4度交渉。田口との初防衛戦は既定路線となっている。

 田口が統一王者だった昨年12月31日に両者の統一戦が行われる予定だったが、田中が同年9月の防衛戦で両目眼窩(か)底骨折の重傷を負ったためキャンセルとなっていた。

 ――年間最高試合。

 田中 うれしいです。

 ――あらためて木村戦を振り返ると。

 田中 いい試合になったなあと思います。自信になりました。また、1個、強くなったなあと思います。

 ――WBOの年次総会ではスペイン語でスピーチしたということですが。

 田中 いや、してないです。思いっきり、全部、日本語でした。

 ――総会の雰囲気は。

 田中 WBOの歴代のチャンピオンもいて賑やかでした。まあでも、日本人同士でやったにもかかわらず、世界で評価してもらったのはホントうれしかったです。しかも日本でやった試合。目を向けてくれてるんだなと思ったらうれしかったです。

 ――木村戦のダメージも抜けて動き出しているということでいいでしょうか。

 田中 ハイ。

 ――今のコンディションは。

 田中 今からどんどん上げていきます。

 ――次は防衛戦ということになります。WBOのフライ級で成し遂げたいことは。

 田中 来年は防衛を重ねたいです。その中で統一戦ができたらもちろんパーフェクトですけど。まあ、このベルトを来年は守りたいと思います。

 ――近い将来の4階級制覇に向けては。

 田中 すぐ、4階級っていう選択肢はないですけど、来年、再来年辺りをめどに、視野には入れてます。

 ――次戦は田口選手との初防衛戦になりそうです。

 田中 もし決まったらうれしいです。勝つだけじゃなくて倒しにいきたいと思います。

 ――田口選手とは昨年の大晦日に統一戦を行う予定でした。

 田中 う〜ん、あの時、自分ができなくしてしまったんで、ごめんなさいという気持ちで今回やるつもりはないんで、その時はそういう気持ちはありましたけど、謝ってすっかり終わったことなので、ごめんなさいの気持ちでやるのはまた、これ、失礼な話なので、未だに田口選手は強い選手なので、やりたいって気持ちは変わらないからやりたいだけです。(勝つ)自信はあります。

[ 2018年11月8日 18:08 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:11月20日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      RIZIN

      立ち技系格闘技

      総合格闘技

      UFC

      コラム