ドネアWBSS4強進出 準決勝は尚弥らと顔合わせ

[ 2018年11月5日 05:30 ]

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)は3日(日本時間4日)、英グラスゴーで行われ、バンタム級トーナメント1回戦で元5階級制覇王者ノニト・ドネア(35=フィリピン)がWBAスーパー王者ライアン・バーネット(26=英国)に4回TKO勝ちし、王座を奪取するとともに準決勝進出を決めた。4回終了後にバーネットが負傷のため棄権を申し出た。

 これで4強入りが出そろい、準決勝はWBA王者・井上尚弥(25=大橋)とIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)、ドネアとWBO王者ゾラニ・テテ(30=南アフリカ)の顔合わせとなった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2018年11月5日のニュース