山中氏 大差判定に疑問「中盤はもっとポイントもらえたはず」

[ 2018年10月22日 05:30 ]

WBA世界ミドル級タイトルマッチ   ●王者・村田諒太 判定0―3 同級3位ロブ・ブラント○ ( 2018年10月20日    米ラスベガス・パークシアター )

村田戦を解説する元WBC世界バンタム級王者・山中慎介氏(右)(撮影・田中哲也通信員)
Photo By スポニチ

 村田にとって高校、帝拳ジムの先輩でもある元WBC世界バンタム級王者・山中慎介氏が現地から中継の解説を務めた。

 「手数のブラント、パワーの村田だった」と試合を振り返り、判定が告げられると「う〜ん」と絶句。「細かい手数を取られたのかなと思いますけど、もうちょっと中盤のポイントは村田に与えてもいいんじゃないかなと思いますけどね」と大差となった判定に疑問を呈した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年10月22日のニュース