メイウェザー 自身のインスタでアルバレス酷評「お前が11試合を戦って稼ぐ額を俺は1試合で稼ぐ」

[ 2018年10月19日 22:06 ]

フロイド・メイウェザー (AP)
Photo By スポニチ

 プロボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41)が18日、自身のインスタグラムでミドル級王者のサウル・アルバレス(28)を酷評した。

 メイウェザーは2013年にアルバレスと対戦して判定勝利。インスタグラムにはこの時の写真が投稿され、キャプションにはこうあった。

 「お前が禁止薬物の入ったステーキを食べようが食べまいが関係ない。この試合は俺のキャリアの中で最も楽なものだった。お前なんかよりもマクレガーの方がずっといい選手。俺は1試合で3億ドル(約337億円)以上を稼ぐ。お前が5年間で11試合を戦って稼ぐ額を俺は1試合で稼ぐんだ。それでも俺と再戦したいって?よく考えろよ!」。

 メイウェザーは昨年8月に総合格闘技UFCの現役王者コナー・マクレガーとボクシングで対戦。この試合は大きな注目を集め、メイウェザーはマクレガーをKOで下し、キャプションにあるような額のファイトマネーを手にした。

 ステーキ云々というのは、アルバレスに禁止薬物の陽性反応が出たことを皮肉ってのもの。17日にアルバレスは試合の放送権において、5年11試合で3億6500万ドル(約410億円)という大型契約を結んだが、メイウェザーはこれについても自分は1試合でその額を稼ぐと格の違いを主張。ゆえにリングに復帰して自分と戦うべきと話したアルバレスに対し、「よく考えろよ!」という訳だ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年10月19日のニュース