村田 東京でゴロフキン戦?プロモーターがベガスV2戦視察

[ 2018年10月18日 05:30 ]

WBA世界ミドル級タイトルマッチ   王者・村田諒太《12回戦》同級3位ロブ・ブラント(米国) ( 2018年10月20日    米ラスベガス パークシアター )

村田―ブラント戦はラスベガスの大通りの大型ビジョンでも告知されるほどの注目度の高さ(撮影・中出 健太郎)
Photo By スポニチ

 ラスベガスで行われる村田の2度目の防衛戦を、元3団体統一世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)のトム・ロフラー・プロモーターが視察することが分かった。村田陣営が来年に東京ドームでの対戦を計画していたゴロフキンは、9月にサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)に敗れて無冠となったが、ロフラー氏は米メディアに「村田がブラントに勝てばゴロフキンとの試合は絶対に面白いものになる」とビッグマッチの可能性は残っていると明言。「東京へ行くのはエキサイティングだ」と語った。

 村田は16日、市内のジムで調整。ロードワークを打ち上げたことを明かし、「減量は予定通り。早く落ちすぎないように注意するほどで、1日あればリミットに落とすことができそう」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年10月18日のニュース