和毅、11・12世界暫定戦決定 「勝って2階級制覇したい」

[ 2018年10月11日 05:30 ]

2階級制覇挑戦が決まった亀田和毅(撮影・中出 健太郎)
Photo By スポニチ

 亀田3兄弟の三男で元WBO世界バンタム級王者の和毅が都内で会見し、来月12日にWBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦に臨むことを発表した。王者レイ・バルガス(メキシコ)の負傷により、WBCから指令を受けての対戦だが、和毅にとっては、15年9月にWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に敗れて以来となる、待ちに待った世界戦。「きっちり勝って2階級制覇したい」と意気込んだ。

 亀田家は和毅が15年4月にWBO王座を返上して以降、約3年半もベルトがない状態が続いている。会見に同席したトレーナー兼イベントプロデューサーの長男・興毅は「舞台は整った。亀田家が日本で大復活。強いボクシングをして“亀田家ここにあり”を示してほしい」と期待した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年10月11日のニュース