WBSS代表が尚弥絶賛「彼の拳は爆弾。地球一のパンチャー」

[ 2018年10月8日 05:30 ]

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ ▽バンタム級T1回戦&WBA世界バンタム級タイトルマッチ12   ○王者・井上尚弥 KO1回1分10秒 同級4位フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)● ( 2018年10月7日    横浜アリーナ )

試合後、井上尚弥(右)を絶賛するプロモーターのザワーランド氏
Photo By スポニチ

 WBSS代表を務めるプロモーター、カレ・ザワーランド氏が井上を「地球一番のパンチャー」と絶賛した。試合後の会見で「彼の拳は爆弾だ。今は着弾してショックウエーブ(衝撃波)が起きている状態」と表現。ヘビー級の3団体統一王者ジョシュア(英国)、WBC同級王者ワイルダー(米国)、ミドル級の元3団体統一王者ゴロフキン(カザフスタン)、ゴロフキンを破ったサウル・“カネロ”アルバレス(メキシコ)の名前をわざわざ挙げ「それでも彼が階級を超えてのベストパンチャー。地球一番のパンチャーだ」と最大級の賛辞を贈った。

 世界的に高い評価を受ける井上の参戦を見越し、「シーズン2」でバンタム級トーナメントの実施を決定。ベテランのパヤノとの対戦は「井上にとって過去最大の試練」(ザワーランド氏)となるはずだった。だが、「2度の世界戦で計182秒しか試合をしていない。これって凄くないか?」とあきれた様子で、準決勝で対戦するロドリゲスとモロニーに対し「もっと練習しないといけないと言うよ」とのコメントも、冗談には聞こえないほどだった。

 テレビの実況席では国内歴代2位の12連続防衛を果たした元WBC世界バンタム級王者・山中慎介氏が「(番組で)紹介される前に終わってしまった」とぼう然としていた。自身も“神の左”でKOの山を築いたが、「ジャブを含めて近すぎず遠すぎず、ジャストの距離で2発ともクリーンヒットさせた。みんな練習するけど、簡単にできることじゃない」と分析。「前回も衝撃的だったけど、期待されている以上の勝ち方をしてしまう。WBSSに参加しているメンバーは“参ったな”という感じでしょうね」と肩をすくめた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年10月8日のニュース