PR:

井上尚弥の“70秒殺”KOにネット衝撃「あっという間に終わっちゃった」

<WBA世界バンタム級>初回KO勝ちを決め拳を突き上げる井上尚弥 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 プロボクシング主要団体の王者らが参戦して階級最強を決める「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」が7日、横浜アリーナで開幕。バンタム級トーナメント1回戦でWBA世界同級王者の井上尚弥(25=大橋)が、元WBAスーパー王者でWBA同級4位のフアンカルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)を初回1分10秒のKOで下し、準決勝進出を決めた。また、WBA世界同級王座の初防衛にも成功した。井上尚の通算戦績は17勝15KO無敗。

 初回、開始からわずか70秒での衝撃的なKO勝ち。右ストレート一発で元王者を”秒殺”した井上尚にインターネット上には「まじでえぐすぎ!」「あっという間に終わっちゃった」「強すぎる!」「震えが止まらん」と驚きの声が続出。「放送時間めっちゃ余ったちゃったけどどうするんだろ」と試合を中継したフジテレビを心配する声も挙がっていた。

[ 2018年10月7日 21:42 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:10月24日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム