美憂 雪辱の勝利「KIDのことをみんなが愛してくれている それがうれしかった」

[ 2018年9月30日 20:51 ]

RIZIN.13 ( 2018年9月30日    さいたまスーパーアリーナ )

勝利し、笑顔の山本美憂(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 最愛の弟を亡くしてから13日。山本“KID”徳郁さんの姉・美憂が雪辱の勝利を収めた。16年大みそかのリングで敗れた米国のアンディ・ウィンを返り討ちにして、大声援をもらったファンの期待に応えた。試合後の会見で、「自分のこともどうだけど、KIDのことをみんなが愛してくれている。それがうれしかった」と柔和な笑みを見せた。

 試合は相手の打撃をかわしてテイクダウンを奪う展開。危なげない内容だったが、自らの体勢に持ち込みながら、仕留めることができなかった。「あそこ、KIDだったら決めていた。多分、笑っていると思います」と頭をかいたが、天国の弟に最高のプレゼントを贈り届けた姉は最後まで笑顔を絶やさなかった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年9月30日のニュース