小浦“完璧に近い”圧勝V3「1、2試合して世界へ行きたい」

[ 2018年9月30日 05:30 ]

東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ12回戦   ○王者・小浦翼 判定 同級8位・冨田大樹● ( 2018年9月29日    後楽園ホール )

V3に成功してインタビューを受ける小浦翼(撮影・中出 健太郎)
Photo By スポニチ

 王者・小浦が全勝対決に大差の3―0判定勝ちを収めた。ハンドスピードの差を生かして序盤からボディーや左右のフックがよく決まり、11回には右カウンターでダウンを奪うなど、ジャッジ2人が11点差をつける圧勝。KO勝ちを逃して「ダウンを取れたのだからとどめを刺したかった」と反省しながらも、「完璧に近い試合はできた。あと1、2試合して世界へ行きたい」と意欲を見せた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年9月30日のニュース