総合格闘技デビューの大砂嵐、“野獣”サップとあわや乱闘に

[ 2018年9月30日 05:30 ]

RIZIN.13 ( 2018年9月30日    さいたまスーパーアリーナ )

計量後に一触即発状態となった大砂嵐(左)とサップ(撮影・中出 健太郎)
Photo By スポニチ

 総合格闘技デビューする元幕内力士の大砂嵐は、大相撲時代より7キロ以上重い167・4キロ。対戦相手の“野獣”ボブ・サップは147・9キロで、体の厚みで上回った。計量後は大砂嵐がサップに歩み寄り、額をぶつけて一触即発状態に。大砂嵐が徐々に押し始めたところで関係者が間に割って入り、乱闘を免れた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年9月30日のニュース