恒成 世界最速 3階級制覇 プロ12戦目「生涯忘れられない試合」

[ 2018年9月25日 05:30 ]

WBO世界フライ級タイトルマッチ ( 2018年9月24日    名古屋市・武田テバオーシャンアリーナ )

2R、田中恒成(右)のパンチが木村翔(左)にヒットする  (撮影・後藤 大輝) 
Photo By スポニチ

 挑戦者の同級1位・田中恒成(23=畑中)が王者・木村翔(29=青木)を2―0の判定で破り、日本人選手6人目となる3階級制覇を成し遂げた。12戦目での3階級制覇はワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に並ぶ世界最速で、23歳は日本人最年少と、まさに記録ずくめの勝利となった。

 初回からフルスロットルの、壮絶な打ち合いが続いた。心技体の全てを出し切った2人の激闘はジャッジ1人がドロー。1人が最後の11、12回を田中優位と採点し、2―0判定で決着がついた。

 「いい試合ができてよかった。生涯、忘れられない試合になりました」。消耗しきった声、大きく腫れた右目が激闘を物語る。現役世界最強の呼び声高いロマチェンコに並ぶ、世界最速12戦目での3階級制覇。「木村選手に勝つだけでもうれしいのに、プラスアルファ」。23歳3カ月での達成は亀田興毅の24歳1カ月を更新する国内最年少記録となった。

 新たなステージを切り開いた。2回、左フックで大きくぐらつかせてから猛然と連打。超人的な精神力とスタミナを誇る木村が強打を入れると、必ず打ち返した。11回には互いに足を止め、ガードなしの右ストレートの相打ち3発。「2発打ったら、もう1発いこうかなと」。テクニックとスピードで勝り、足を使うボクシングも可能だった田中が木村お得意の“ド突き合い”を挑み、上回った。

(メンタルの / 強化成果を / 激闘で発揮/) 一番の勝因に挙げたのは「気持ち」。「負ける危機感がある」と話していたように、初心に帰って土台をつくり直した。重点的に取り組んだのは、心が折れないような練習。8月には、畑中清詞会長が薬師寺保栄、辰吉丈一郎らと走った「チャンピオンロード」を週2回走り、メンタルとスタミナを強化した。

 「まだまだレベルに差がある」。記録でロマチェンコに並んでも慢心はない。フライ級は世界の選手層も厚くなり統一戦なども期待されるが、究極の目標は5階級制覇。目指すゴールはずっと先にある。 (水口 隆博)

 ◆田中 恒成(たなか・こうせい)1995年(平7)6月15日生まれ、岐阜県多治見市出身の23歳。小5からボクシングを始め、中京(現中京学院大中京)高で高校4冠。アマ戦績46勝5敗。高3で畑中ジムへ入門、9月にプロテストB級合格し同年11月プロデビュー。4連勝で東洋太平洋ミニマム級王座獲得。15年5月に5戦目でWBO世界ミニマム級王座を獲得し1度防衛。16年にライトフライ級に転向し12月、井上尚弥と並ぶ国内最速の8戦目で2階級制覇。2度防衛後にタイトル返上していた。1メートル64。右ボクサーファイター。

○…プロ12戦目での3階級制覇は井上尚弥(WBA世界バンタム級王者)の16戦を抜く国内最速。現WBA世界ライト級王者ロマチェンコが5月にホルヘ・リナレス(ベネズエラ、帝拳)に10回TKO勝ちして達成した世界記録に並んだ。23歳3カ月での達成は亀田興毅の24歳1カ月を抜いて国内最年少。無敗での達成は井上に次いで国内2人目。

 ○…田中は制覇した3階級全てがWBO王座。WBOのベルトを3つ獲得したのは、6階級制覇のデラホーヤ(米国)、5階級制覇のアルセ(メキシコ)、4階級制覇のコット(プエルトリコ)、モンティエル(同)、クロフォード(米国)、田中の計6人。日本人では、長谷川穂積が全てWBC王座でバンタム級、フェザー級、スーパーバンタム級を制している。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年9月25日のニュース