王者・木村翔「頂上決戦に恥じない試合を」 田中恒成は3階級制覇に自信

[ 2018年9月23日 13:00 ]

調印式を終え、にらみ合う木村(左)と田中
Photo By スポニチ

 日本人対決となるボクシングのWBO世界フライ級タイトルマッチ12回戦(24日、名古屋・武田テバオーシャンアリーナ)の調印式と記者会見が23日、名古屋市内のCBC放送センターで行われた。

 今回が3度目の防衛戦のWBO世界フライ級王者・木村翔(青木)は「ファンが注目する日本人同士の頂上決戦。その名に恥じない試合をしたい」とコメント。田中については「リスペクトできる選手と思っているので一生懸命頑張りたい」とし、「明日?もちろん僕がV3を達成して手が上がっていると思う」と自信をのぞかせた。

 一方、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に並ぶ世界最速タイ12戦目での3階級制覇に挑む挑戦者のWBO同級1位・田中恒成(畑中)は「やることはやってきたので、自信を持って明日を迎えたい」と抱負。木村について「こんな気持ちの強いチャンピオンはいない。拮抗した試合になると思うので全力で勝ちます。3階級制覇です」と意気込んだ。

 なお、使用グローブは日本製8オンスで、色は木村が黄、田中が青。オフィシャルはレフェリーがマーク・ネルソン氏(米国)、ジャッジはゾルタン・エンイェディ(ハンガリー)、ダンレックス・タプダサン(フィリピン)、ドナルド・トレーラー(米国)の3氏が務める。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年9月23日のニュース