PR:

ヘビー級統一王者ジョシュア 7回TKOでポベトキン粉砕、流血戦制す

ジョシュア(右)の強烈なパンチでダウンするポベトキン(AP)
Photo By AP

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBO世界ヘビー級タイトルマッチ12回戦は22日(日本時間23日)、英ロンドンのウェンブリー競技場に8万人を超える大観衆を集めて行われ、統一王者アンソニー・ジョシュア(28=英国)が挑戦者の元WBA同級王者アレクサンデル・ポベトキン(39=ロシア)に7回1分59秒TKO勝ち。WBA王座は3度目、IBF王座は6度目、WBO王座は初の防衛に成功した。ジョシュアは22戦全勝(21KO)。初のKO負けを喫したポベトキンは34勝(24KO)2敗。

 お互い慎重だった1回の最後にポベトキンの左フックがヒットし、ジョシュアが腰を落として鼻血を出すまさかの立ち上がり。身長、リーチで勝るジョシュアはジャブで距離をつくり、3回にはボディーを入れたが、ポベトキンも相手の懐に鋭く踏み込み、左を振って対抗。4回にポベトキンが左まぶたをカットし、流血戦となった。

 だが、ジョシュアは6回に右のショートやボディーを当ててペースをつかむと、7回に右フックでぐらつかせ、左フック―右ストレートのコンビネーションでダウンを奪った。ポベトキンは立ち上がったものの明らかに効いており、ジョシュアが左で倒すと、レフェリーストップと同時にポベトキンのセコンドもリングに飛び込んで試合終了。ジョシュアはWBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)との4団体統一戦実現へ期待を抱かせる勝利となった。

[ 2018年9月23日 07:02 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:10月20日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム