恒成、最速3階級制覇へパワーアップ!気合十分「自信ある」

[ 2018年9月23日 05:30 ]

WBO世界フライ級タイトルマッチ   王者・木村翔≪12回戦≫同級1位・田中 恒成 ( 2018年9月24日    名古屋・武田テバオーシャンアリーナ )

予備検診を受ける田中(中)と見守る王者・木村
Photo By スポニチ

 世界最速タイの3階級制覇を目指す田中は階級を上げて、サイズがアップした。昨年9月13日のライトフライ級の防衛戦に比べて胸囲は79・5センチから83・2センチと3・7センチ大きくなり、リーチは161センチから164センチと3センチ伸びた。「(胸囲は)まあ息を吸ってるか、吐くか程度の違いなんで」と苦笑いも、パワーアップは間違いない。

 体重もリミットの50・8キロまで「あと500(グラム)です。コンディションはこれまでの世界戦時よりいい。自信を持ってやる」と気合十分だった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年9月23日のニュース