京口、減量苦でIBFミニマム級王座返上 ライトフライ級で世界2階級制覇目指す

[ 2018年8月12日 05:30 ]

 IBFミニマム級王座を2度防衛した24歳の京口紘人(ワタナベ)が同王座を返上したことを所属ジムの渡辺均会長が明らかにした。減量苦が理由。今後は1階級上のライトフライ級で世界2階級制覇を目指す。9月下旬にノンタイトル戦を行う予定で、近日中に正式発表される。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年8月12日のニュース