大地スポーツ庁長官 影響力完全排除を要求「しっかりやって」

[ 2018年8月9日 05:30 ]

日本ボクシング連盟・山根会長 辞任表明

辞任を表明する日本ボクシング連盟の山根明会長=8日午後、大阪市
Photo By 共同

 山根会長が辞任を表明したことを受け、スポーツ庁の鈴木大地長官は「遅きに失した感はあるが、一歩前進。これで終わりではないので、連盟の運営をどうするかを含め、しっかりやってもらいたい」と述べ、今後の事実解明と組織改革を求めた。

 山根会長の影響力がボクシング界に残る可能性に懸念を示し「身を引くことを希望している」と厳しく指摘。「選手には東京五輪で頑張ってもらいたい。いい形で競技ができるように態勢を整えたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年8月9日のニュース