大竹秀典 8・25世界挑戦正式発表!米国でドグボーと対戦

[ 2018年7月31日 14:03 ]

王者ドグボーの写真を手にポーズをとる大竹秀典
Photo By スポニチ

 ボクシングの金子ジムは31日、横浜市内で会見を開き、OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者でWBO同級6位の大竹秀典(37=金子)が8月25日(日本時間同26日)に米アリゾナ州グレンデールでWBO世界同級王者アイザック・ドグボー(23=ガーナ)に挑戦することを正式発表した。また、大竹は同日付でOPBF東洋太平洋タイトルを返上した。

 大竹にとっては2度目の世界挑戦。14年11月に当時のWBA王者スコット・クイッグ(英国)に敵地で判定負け。「圧倒的な差を感じて(ボクシングを)続けるかどうかも迷った」という。そこからチーム体制を一新。2度目の挑戦までに3年9カ月の期間を要したが「この1年は手応えを感じていた」と自信を持っている。

 前回は悲願の世界初挑戦に「特攻のような気持ちだった」というが、今回は「落ち着いて受け止められた。年齢的に焦りはあったのでホッとした部分はある」と冷静。ドグボーの印象につては「パンチは強いし、振ってくるので気をつけたい」と警戒しつつ「強い選手とやれるのはモチベーションになる」と語った。

 “リングの仕事人”の異名を取る大竹は31勝(14KO)2敗3分け。勝てば国内最年長の世界タイトル奪取となる。ドグボーは12年ロンドン五輪にバンタム級で出場し、銅メダルを獲得した清水聡に1回戦で敗れた。プロ転向後は19戦全勝(13KO)で、今年1月にWBO世界スーパーバンタム級暫定王座を獲得後、4月に正規王者ジェシー・マグダレノ(米国)との統一戦に11回TKO勝ちして正規王座を獲得した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2018年7月31日のニュース