浅倉 RENA連破でエースの自覚「RIZIN引っ張る」

[ 2018年7月31日 05:30 ]

RIZIN.11の一夜明け会見に出席した(左から)山本美憂、堀口恭司、榊原信行実行委員長、浅倉カンナ、五味隆典、海人
Photo By スポニチ

 格闘技イベント「RIZIN.11」の一夜明け会見が都内のホテルで行われ、女子スーパーアトム級初代女王の浅倉カンナ(パラエストラ松戸)が女子の新エースの自覚を口にした。人気選手のRENA(シーザージム)を連破し「チャンピオンとして足りない部分があるが、自分で引っ張っていけるようにしたい」と誓った。

 4年ぶりの勝利を挙げた五味隆典(イーストリンカンラスカルジム)は都内の焼き肉店で祝杯を上げ「二日酔い」と苦笑い。ギラード戦で膝を痛めたため、次戦は「大みそかにかみ合うような選手とやれたら」という。間もなく40歳のファイターは「結婚しないと」と切実な問題?も明かした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2018年7月31日のニュース