PR:

パッキャオ 決戦の地クアラルンプールに到着 強打者マティセから王座奪取なるか

ポーズを取るパッキャオ(左)とマティセ (AP)
Photo By AP

 プロボクシングのWBA世界ウエルター級タイトルマッチは9日、挑戦者で元6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(39=フィリピン)が試合の開催地となるマレーシアのクアラルンプールに到着した。

 王者ルーカス・マティセ(35=アルゼンチン)との注目の一戦は15日に予定されており、パッキャオにとっては約1年ぶりのリング。昨年7月にジェフ・ホーンに判定負けを喫し、WBO世界ウエルター級王座を失って以来の再起戦となる。

 マレーシアの地元メディアに囲まれたパッキャオは「状態はいい。素晴らしいキャンプを行うことができた」とコメント。長年コンビを組んだフレディ・ローチ・トレーナーとの関係を解消し、マティセ戦は新体制で臨むことになるが、「とてもいい仕事をしてくれたチームに感謝したい。外でトレーニングを積んでいたから、日焼けしちゃったけれどね」とジョークを飛ばすなど、その表情は充実感に満ちていた。

 マティセの戦績は44戦39勝(36KO)4敗1無効試合。KO率82%と強打者の王者を相手にパッキャオはどのような戦いぶりを見せるのか。試合当日はボクシングファンの関心がクアラルンプールに向けられることだろう。なお、掛け率は2対1でパッキャオ有利と出ている。

[ 2018年7月10日 14:46 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:09月19日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム