高橋ヒロム オスプレイ破り第81代王者!さらにエル・デスペラードからの挑戦を受諾

[ 2018年6月10日 00:00 ]

 IWGPジュニアヘビー級はベスト・オブ・スーパーJr覇者の高橋ヒロムが王者ウィル・オスプレイを破り、第81代王者に就いた。

 序盤から空中戦でお互いに観客を魅了。高橋は必殺のD(三角絞め)で捉えたが、オスプレイもパワーボムで反撃した。20分20秒、TIME BOME(サイドバスター)からの体固めで勝負を決めた。

 初の戴冠となった高橋は「長い戦いを制した。世界最強の新日本Jrのベルトは俺のものになった。だが、オスプレイとは紙一重。楽しんでる感じが好きだぜ」とベルトを手にニヤリ。そこにエル・デスペラードが登場。「俺らは相思相愛だ。いつでもいいぞ。俺は待っているから」と挑戦表明した。これに高橋は「スーパージュニアの借りを返していない。あいつと俺はやっぱりつながっているのか。楽しませてくれよ」と挑戦を受諾した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年6月9日のニュース