V2京口、田口の敵討ち!?ブドラー戦に意欲「リベンジしたい」

[ 2018年5月22日 05:30 ]

防衛から一夜明け、好物のスターバックスのシュガードーナツを贈られ笑顔の京口(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 20日に2度目の防衛に成功したIBF世界ミニマム級王者・京口紘人(24=ワタナベ)が21日、都内で会見し、田口良一(31)を破ってWBA&IBF世界ライトフライ級新王者となったヘッキー・ブドラー(30=南アフリカ)との対戦に前向きな姿勢を示した。

 京口は「田口さんがやらないなら」と前置きした上で「僕がリベンジしたい気持ちはある」と明言。基本線は他団体との統一戦だが、減量も厳しくなっており「統一戦にこだわってミニマム級にとどまる理由はない」と言い切った。渡辺均会長は、本人が再戦を望めば「全力で交渉する」と約束。田口は再起のために階級を上げる選択肢もあり、その場合は京口をブドラーへの刺客として送り込む。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年5月22日のニュース