田口、僅差判定負け 日本人初の統一王座防衛の重圧…再戦可能性も

[ 2018年5月21日 05:30 ]

WBA&IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ   ●統一王者・田口良一≪判定≫WBA7位・IBF6位ヘッキー・ブドラー○ ( 2018年5月20日    大田区総合体育館 )

12R、ブドラー(左)にパンチを浴びせる田口(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 統一世界ライトフライ級王者・田口良一は0―3で判定負けし、日本初の2団体王座同時防衛を逃した。ブドラーにペースを握られ、最終12回にダウンを奪ったものの採点は全て1点差の惜敗。現役最多7度の防衛中だったWBAとIBFのベルト2つを失った。

 田口の異変は明らかだった。手が出ない。足が動かない。ブドラーに序盤から豊富な手数で押され、4回まで全てポイントを奪われた。「(5年前に敗れた)井上尚弥戦の気持ちを思い出せ!」。石原雄太トレーナーがラウンド終了ごとにハッパをかけたが、エンジンはかからなかった。

 「残念の一言です。調子がいい時は勝手に手が出るけど、今日は考えながらやっていた。実際にリングへ上がってみて、動かない、いつもと違うと思った」

 田口は淡々と説明したが、石原トレーナーは「今までで一番、試合の入りが悪かった。いいコンディションでリングへ上げられなかった自分の責任は大きい」と肩を落とした。今回は終盤の減量が厳しく、試合2日前の睡眠は2、3時間。普段は1キロ以上落ちる計量前日のジムワークでも400グラムしか落ちず、試合直前のウオーミングアップでも動けなかった。日本初の統一王座防衛などプレッシャーも重なり、同トレーナーは「メンタルの部分が一番。今回はナーバスなところが見られた」と明かした。

 最終回、左フックでダウンを奪った。当初スリップと判定され、試合後にレフェリーがダウンを認めたが、採点は1ポイントずつ届かなかった。「判定は負けだと思った。もう一回ダウンを奪えたら良かったけど、そこは自分の実力」。ブドラーに対しては、WBA王座に関してのみ2試合分のオプション(興行権)をジムが持っており、再戦の可能性はある。それでも田口は「勝てるかはコンディション次第かな。調子が良ければ勝てるなと感じたけど…。今は何も考えられない」と言葉を濁した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年5月21日のニュース