PR:

井上尚弥が3階級制覇へKO宣言 階級上げ減量順調「気持ち的に楽」

引き締まった体で左をボディに打ち込む井上尚弥
Photo By スポニチ

 ボクシングのダブル世界戦(25日、大田区総合体育館)で日本最速プロ16戦目での3階級制覇を狙うWBA世界バンタム級2位・井上尚弥(25=大橋)が16日、横浜市内のジムで公開練習を行った。

 スーパーフライ級からバンタム級に階級を上げたことで減量も順調。「これまで以上にいい状態。気持ち的に楽になった。1.4キロだけど、ものすごくデカいと実感しています」と話す表情も明るかった。

 1メートル78と長身の王者ジェイミー・マクドネル(32=英国)対策として、中国、フィリピン、英国、メキシコ人のパートナーと約80ラウンドのスパーリングを消化。この日の練習ではスパーは行わなかったが、シャドーやミット打ちでは相手の高さを意識し、上に角度をつけたジャブやストレート、相手の懐に入ってのボディー打ちなどを披露。「ガードの位置とか微調整もしてきた。対策はバッチリ。試合までにイメージを整えてしっかり勝ちたい」と自信をのぞかせた。

 3階級制覇を実現した後には今秋開幕予定の賞金争奪トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」への参戦構想もある。大橋ジムの大橋秀行会長は「試合が終わってから決める」としたが、井上尚自身は「自分は(マクドネルに)勝てば出ます。出ない訳にはいかない」と明言。「でも今は25日の試合に集中しています」と付け加えた。

 「他の日本人チャンピオンとは違うステージに行きたい思いがある」という井上尚にとって3階級制覇は通過点。「一つの区切りではあるので、見ている人がスカッとするよいなKOで決めて歴史に名を刻むような試合にしたい」と誓った。

[ 2018年5月16日 16:51 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:05月25日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム