PR:

田口が公開練習 KO指令に苦笑「自分のペースで」

<WBA世界ライトフライ級王者・田口公開練習>2Rのスパーリングで、パンチを打つ田口(左)
Photo By スポニチ

 ボクシングのダブル世界戦(20日、大田区総合体育館)で日本人初の統一王座防衛を目指すWBA&IBF世界ライトフライ級統一王者・田口良一(31=ワタナベ)が14日、都内の所属ジムで練習を公開した。

 シャドー3ラウンド、マススパーリング2ラウンド、ミット打ち2ラウンド、サンドバッグ打ち2ラウンド、そして再びシャドーラウンドと計12ラウンド。たっぷりと汗を流した田口は「いい状態だと思う。(統一王座の防衛が)日本人史上初というのはうれしい。何としても勝ちたい」と気合を入れた。

 会見では渡辺会長から「できれば6回までに倒してほしい。そうすれば(IBF世界ミニマム級王者の)京口の試合もテレビに映るから」と“KO指令”が出され、石原トレーナーまでも「6回ぐらいで倒してくれると、自分も次の(WBOアジアパシフィックライト級王者の)荒川の試合に集中できる」と要望。さらにジムの先輩でもある元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志氏からも「早く倒すように」と激励された田口は思わず苦笑い。

 「京口もチャンピオンなのにテレビ放送されないのはかわいそう」と後輩を思いやりながら「早く倒した方がいいと思うけど、早く倒さなきゃ、とは思わない。自分のペースでやることがいい結果につながると思う」と気負いはない。

 対戦相手のヘッキー・ブドラー(29=南アフリカ)について、石原トレーナーは「とらえどころのない選手。タフだし、ディフェンスもうまい」と分析しており、実際には終盤勝負と読んでいる。

[ 2018年5月14日 15:42 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:09月20日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム