王座剥奪の比嘉が当日計量クリア 試合実施決定…「申し訳ない」と謝罪

[ 2018年4月15日 08:15 ]

WBC世界フライ級タイトルマッチ当日計量で、具志堅会長(左)の見守る中、当日計量をクリアした比嘉
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ(横浜アリーナ)の当日計量(再計量)が15日、東京・文京区の日本ボクシングコミッション(JBC)で行われ、王座を剥奪された比嘉大吾(22=白井・具志堅)は、リミットの55・3キロを600グラム下回る54・7キロでクリア、試合は予定通り行われることになった。

 比嘉は14日の前日計量でフライ級のリミット50・6キロを900グラムオーバー。2時間の猶予を与えられたものの、約1時間半後にギブアップし、再計量せずに王座を剥奪された。この日の再計量ではリミットからプラス10ポンド以内であることが試合を実施する条件と定められていた。当初は非公開の予定だったが、急きょ公開され、比嘉は「計量オーバーしたことは申し訳なく思っています。試合をしてくれるロサレス陣営に感謝したい。ボクシングファンや試合を組んでくれたプロモーターに謝りたいです」と頭を下げた。

 試合は変則タイトルマッチとして行われ、挑戦者で同級2位のクリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)が勝てば新王者、負けか引き分けの場合は王座は空位のままとなる。また、比嘉がKO勝ちした場合には16試合連続KO勝ちの日本新記録となる。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年4月15日のニュース