京口、対戦相手未定も強敵希望 防衛重ね「王者の価値上げる」

[ 2018年4月5日 05:30 ]

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ   王者・京口紘人《12回戦》未定 ( 2018年5月20日    大田区総合体育館 )

会見に臨む(左から)渡辺均・ワタナベジム会長、田口良一、京口紘人
Photo By スポニチ

 京口紘人(24=ワタナベ)は対戦相手未定ながら「できるだけ強い相手をお願いした。いい内容で勝ちたい」と意気込んだ。

 会見には銀縁の丸い眼鏡をかけて登場。以前は黒縁の眼鏡だったが「ボクシングもそうだけど普通じゃ面白くない。個性を出したいので」とユニークなデザインに変えた理由を説明した。防衛を重ね「王者の価値を上げる」が目標。ファッションでも存在感をアピールしていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年4月5日のニュース