井上尚弥 5・25WBAバンタム級王者と激突!世界最速3階級制覇に自信

[ 2018年3月6日 13:07 ]

バンタム級王座への挑戦が決まった井上尚弥
Photo By スポニチ

 ボクシングの大橋ジムは6日、東京・九段のホテルグランドパレスで会見を開き、2階級制覇王者の井上尚弥(24=大橋)が5月25日、東京・大田区総合体育館でWBA世界バンタム級王者のジェイミー・マクドネル(31=英国)に挑戦すると発表した。

 プロ15戦全勝13KOでWBC世界ライトフライ級王座、WBO世界スーパーフライ級王座を獲得した井上が勝てば、亀田興毅、井岡一翔、八重樫東、長谷川穂積に続き、国内5人目の3階級制覇達成。井岡一翔の18戦を抜いて世界最速となるプロ16戦での3階級制覇となる。井上は6日付でWBO世界スーパーフライ級王座を返上する予定。

 バンタム級での世界戦が決まった心境を問われた井上は「素直にうれしかった。モチベーション上がった」。同級の印象については「日本のファンの方が馴染みある階級。自分自身、小さい頃から見てきた階級がバンタム級が多い。楽しみで仕方ない」と自信をのぞかせ、「(バンタム級での)目標は具志堅さんの13度防衛。デビューから言ってきたが、それを目指したいし、更新したい」と意気込んだ。

 マクドネルは身長1メートル78と長身の右ボクサータイプ。13年5月に王座決定戦を判定で制してIBFバンタム級王座を獲得(指名試合を行わずに剥奪)し、14年5月には同じく王座決定戦にTKO勝ちしてWBA世界バンタム級王者となった。15年5月と16年9月に亀田和毅に2連勝するなど、6度の防衛に成功している。プロ戦績は32戦29勝(13KO)2敗1分け。エディー・ハーン・プロモーターは「井上はスーパーフライ級で非常に素晴らしい選手だ。ジェイミーにとっては厳しい試合だが、彼は最高の相手との試合に臨みたいんだ」とコメントしている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年3月6日のニュース