帝拳ジム 本田会長 山中は「これだけいい人間のボクサーは初めて よく努力もした」

[ 2018年3月1日 21:42 ]

 帝拳ジムの本田明彦会長は引退を表明した愛弟子の人間性を評価した。浜田剛史や西岡利晃、三浦隆司ら名王者を輩出した名門ジム会長は「これだけいい人間のボクサーは初めて。よく努力もした。最初は応援してくれる人も少なかったけれど、後援会に支えられてここまできた。普通はキャリアを重ねて飽きられてくるけど、珍しい選手だね」と称えた。

 この日の試合内容については山中がネリの右カウンターでダウンしたシーンを指摘。「打たれ弱くなっているというのはある。(2回に右ジャブを利かされ)アレッという感じだった。あれで全てが飛んだ」と振り返った。それでも、「集大成でこうなったが、少なくとも前回より今回の方が(山中も)すっきりしているのでは」とうなずいた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2018年3月1日のニュース