TKO負けの山中 現役引退を表明「これで終わりです」

[ 2018年3月1日 21:00 ]

WBC世界バンタム級タイトルマッチ   ○前王者ルイス・ネリ≪2回TKO≫同級1位・山中慎介● ( 2018年3月1日    両国国技館 )

涙ながらに引き揚げる山中。右は大和トレーナー
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチが1日、東京・両国国技館で行われ、挑戦者の同級1位・山中慎介(35=帝拳)が前王者のルイス・ネリ(23=メキシコ)に2回TKO負け。昨年8月以来の同級王座返り咲きはならなかった。

 試合後に会見を行った山中は「皆さんには本当に感謝しかない。自分のことのように喜んでくれたり、泣いてくれた」とファンや関係者に感謝。「今回に関しては、こうすればよかったという悔いはない」と試合を振り返り、進退について聞かれると「もちろん、これが最後です。これで終わりです」と現役引退を表明した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2018年3月1日のニュース