岩佐、判定勝ちで初防衛成功!西岡以来のスーパーバンタム級ベルト死守

[ 2018年3月1日 19:38 ]

IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ   ○王者・岩佐亮佑≪判定≫同級13位エルネスト・サウロン● ( 2018年3月1日    両国国技館 )

1R、強烈な左を浴びせる岩佐
Photo By スポニチ

 ボクシングのIBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチが1日、東京・両国国技館で行われ、岩佐亮佑(28=セレス)が挑戦者のエルネスト・サウロン(28=フィリピン)を3―0の判定で下し、初防衛に成功した。

 1回から7回まで王者の岩佐ペース。左ボディーを的確にヒットさせてサウロンにダメージを与えた。8、9、10回でサウロンが息を吹き返したかのように反撃を見せたが、岩佐はしっかりと防御。11回にダウン寸前まで追い詰めるなど終盤は圧倒し、危なげなく判定勝ちを収めた。

 スーパーバンタム級の日本人王者は過去に9人存在したが、初防衛に成功したのは西岡利晃だけ。まさに“鬼門”の一戦を制しベルトを死守した。

 岩佐は昨年9月13日に行われたタイトルマッチで、小国以載に6回TKO勝ち。2度目の挑戦で世界王者に輝いた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年3月1日のニュース