PR:

パッキャオ どちらと戦う?アラム氏はクロフォードかロマチェンコで選ばせる意向

マニー・パッキャオ (AP)
Photo By AP

 プロボクシングの元6階級制覇王者マニー・パッキャオ(39=フィリピン)は4月14日(日本時間15日)に米国のネバダ州で次戦を予定。元スーパーライト級王者のマイク・アルバラード(37=米国)を相手に世界戦へ向けての調整試合を行う運びとなっている。

 アルバラード戦をクリアすれば、その次は誰かとボクシングファンなら気になるところ。昨年7月に判定で敗れたジェフ・ホーン(30=オーストラリア)との再戦も悪くない。ただ、より魅力的なカードが提供されそうな気配で、プロモーターのボブ・アラム氏はテレンス・クロフォード(30=米国)かワシル・ロマチェンコ(30=ウクライナ)かでパッキャオに相手を選ばせる意向を示しているという。

 これは米国のボクシングサイト「ボクシングニューズ24」が22日に伝えたもので、アラム氏は次のように話しているという。「クロフォードもロマチェンコもパッキャオとの試合なら稼げる。あとは、4月のアルバラード戦に勝利した後のマニーに任せる」。

 元スーパーライト級統一王者のクロフォードは階級を一つ上げてウエルター級への転向を表明。パッキャオの次戦と同じ4月14日(日本時間15日)に米国のニューヨーク州でホーンの持つWBOタイトルに挑戦することが決まっている。

 一方、WBO世界スーパーフェザー級王者のロマチェンコもライト級への転向が確実と見られており、WBA王者のホルヘ・リナレス(32=ベネスエラ、帝拳)に挑戦かとも伝えられている。ウクライナの“ハイテク”は、ビッグマッチを望んでおり、パッキャオ戦が実現すれば、願ったり叶ったり。どの階級で戦うかにも注目が集まるだろう。

[ 2018年2月23日 15:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:11月16日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      RIZIN

      立ち技系格闘技

      総合格闘技

      UFC

      コラム