京口 今年は「価値高める」年内統一戦、山中竜也との対戦希望

[ 2018年1月24日 05:30 ]

今年の目標を色紙に記した田口(左)と京口
Photo By スポニチ

 IBF世界ミニマム級王者・京口紘人(24=ワタナベ)も練習を再開。8回TKO勝ちした大みそかの初防衛戦を「70点ぐらいと思ったけど、映像を見直したら思ったよりも良かったので80点。理想に近いボクシングができた」と振り返った。

 次戦は田口とダブル戦になる見込みだが、渡辺会長は「日本にも世界王者がいるし、今年中にぜひ統一戦をやりたい」とWBO王者・山中竜也(真正)との対決を希望した。今年の目標を「価値を高める」と記した京口も「ファンが望む試合をクリアすることが、価値を高める一番の近道と思う」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年1月24日のニュース