ゴロフキン アルバレスとの再戦は交渉成立間近「最終決断を下すだろう」

[ 2018年1月19日 15:00 ]

ゲンナジー・ゴロフキン (AP)
Photo By AP

 ゲンナジー・ゴロフキン(35=カザフスタン)とサウル・アルバレス(27=メキシコ)の再戦は交渉成立間近。あとはゴロフキンがアルバレス陣営の提示する条件に対し、首を縦に振るだけだという。米国のボクシングサイト「ボクシングニューズ24」が19日に伝えた。

 両者は昨年9月の初戦で引き分け。その後、再戦の交渉が続いていたが、ゴロフキンのプロモーターであるトム・ローファー氏は最終局面にあることを認めている。

 「交渉は成立間近。だが、こうしたビッグマッチは何が起こるか分からないから、まだ正式発表はできない」とローファー氏。ただ、近々に正式発表できそうな気配で、アルバレスのプロモーターであるデラホーヤ・プロモーションズからの提示に対し、「ゴロフキンは最終決断を下すだろう」と続けた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2018年1月19日のニュース