マイキー・ガルシア 4階級制覇がかかる一戦は延期 王者リピネッツが負傷

[ 2018年1月19日 11:44 ]

マイキー・ガルシア (AP)
Photo By AP

 2月10日(日本時間11日)に米国のテキサス州で予定されていたIBF世界スーパーライト級タイトルマッチは、王者のセルゲイ・リピネッツ(ロシア=28)が手を負傷したため、延期されることになった。新たな日程は現時点で未定。

 リピネッツは昨年11月に近藤明広との同級王座決定戦に判定勝利。2月10日は3階級制覇王者マイキー・ガルシア(30=米国)との初防衛戦を予定していた。負傷は骨折などの深刻なものではなく、その程度は軽いとのこと。ただ、ファンにとってはガルシアの4階級制覇がかかる一戦だっただけに、延期は残念な知らせとなった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2018年1月19日のニュース