木村 V1戦へ“雑草魂”エリート挑戦者をド派手KO宣言

[ 2017年12月31日 05:30 ]

WBO世界フライ級タイトルマッチ   王者・木村翔≪12回戦≫同級1位・五十嵐俊幸 ( 2017年12月31日    大田区総合体育館 )

決戦を前に挑戦者の五十嵐(左)と視線を合わせるWBO世界フライ級王者・木村
Photo By スポニチ

 大みそかのトリプル世界戦の調印式と前日計量が30日、都内のホテルで行われ、6選手全員が一発でクリアした。初の防衛戦に臨むWBO世界フライ級王者の“雑草ボクサー”木村翔は挑戦者の“エリートボクサー”五十嵐俊幸に対し、ど派手なKO勝利を誓った。

 100グラム余裕を持って計量をパスした木村は、コンビニで買ったおにぎりをゆっくりと頬張った。「減量は問題なかった。この後は消化にいい、うどんを食べようと思う」。世界王者ともなれば計量後はサプリメントを摂取し、その後は肉、うなぎなどでエネルギーを補給する選手が多いが、木村が食するのは何とも庶民的だ。

 木村はアマ経験もなく、国内ではほぼ無名の存在だったが、7月に敵地・上海で五輪2大会連続金メダルの中国のスター、鄒市明(ゾウシミン)に11回TKO勝ちして王座を奪取。一気に名を上げた。現在も家賃5万円の5畳ワンルームに住み、週6日午前7時から午後3時まで酒店配送のバイトをする苦労人だ。対する五十嵐は04年アテネ五輪に出場している超エリート。好対照な挑戦者を相手に闘志が湧かないわけがない。

 「KOでアピールしたい」。雑草王者が狙うはエリート挑戦者を派手なKO劇で下しての初防衛。成り上がり男の物語としてはこれ以上ないシナリオだ。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2017年12月31日のニュース